読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引きこもり系男子の日常

本と音楽と珈琲の日常をだらだらと。。

怪盗探偵山猫

 

今年も早いものであと3ヶ月。。

 

時が流れるのは早いですねぇ。

 

みなさんはジャネーの法則というものをご存知でしょうか。

 

簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)。

例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。(Wikipediaより引用)  

 

簡単に言いますと、年取ったら時間の流れが速くなるよー。っていう法則ですね。

 

これからもっと早く感じるようになると思うと、ゾッとします。

 

1秒1秒しっかりと噛み締めて生きていきたいものです。

 

 

どうも。

秋が近づきしみじみモード、heyheyです。

 

本読んだので紹介します。

 


f:id:heyheymochizuki2319:20160902215154j:image

 

著・神永学『怪盗探偵山猫』角川文庫

 

 

内容。。

 

闇を切り裂く黒い影、その名は、山猫ーー出版社社長が殺された。容疑者は“山猫”と呼ばれる謎の窃盗犯。世間をにぎわすこの怪盗の信条は“人を殺めないこと”のはずが、一体なぜ!?ライターの勝村は事件を追い始めるが,,,,,,!?平成のねずみ小僧か、はたまた単なる盗人か!?鮮やかに金を盗み、ついでに悪事を暴いて颯爽と消え去る山猫の活躍を描く、痛快ピカレスク・アクション・ミステリー。怪盗界に新たなヒーローが誕生!!

(背表紙より引用)

 

ということで、八雲シリーズでお馴染み神永学さんの『怪盗探偵山猫』を読ませていただきました。

 

八雲シリーズは中学生のときにだいぶハマりまして、全巻楽しく読ませて頂きました。

どうやらあれから続編もでているようですが、そちらのほうはまだ読んでおりません。

 

「悪事を働く組織に泥棒に入り、悪事を暴き、大金も盗み出す。人は決して殺めない。」

そんなかっこいいポリシーをもつ怪盗山猫。

そんな山猫が窃盗と殺人の容疑者なってしまう。

 

といった内容。。

 

 

感想。。

 

正直あまりぱっとしない印象でした。

あとがきを読んだ限り、山猫の小説はこれが最初ではないのかな?

わかりにくい(特に人物の性格個性など)部分が多く、物語についていけず、おいてけぼりくらった感じですかね。

八雲シリーズも霊が見えるぶっとび設定でしたが、あれはあれでまとまっており、飲み込みやすかったのですが、山猫はちょっと万能すぎ設定がいまいち。それもあって物語のクライマックスでもドキドキ感は無かったです。

 

ただ、八雲シリーズおなじみの刑事の登場は正直個人的はかなり激アツ展開でした。

 

こういうのほんと好き。

 

ただ知らなければ蚊帳の外に感じてしまうのだろうなと。

 

感想としてはそんなところです。

 

 

もちろん本と人との相性はあります。

それを踏まえた上でこの作品は個人的にはいまいちでした。

 

期待値が高かったのもありますけどね。笑

 

あくまで個人の意見ですので悪しからず。。

 

 

次は何を読もうかな。。

 

 

それではノシ