読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引きこもり系男子の日常

本と音楽と珈琲の日常をだらだらと。。

人生が変わる「朝時間」の過ごし方

引きこもり、本を読む

 

 

こんにちは。

 

 

ポケモンGOすごいですね。

朝からTwitterもグノシーもポケモンの話題で埋め尽くされています。

 

バイト先の店長まで始めてたのにはさすがに驚きました。。

 

私ですか?やりませんよ。

 

「あえて流行に乗らないオレかっこいい」です。笑

 

 

冗談はさておき、昨日読んだ本の紹介。

 

こちら。

 

f:id:heyheymochizuki2319:20160723175859j:plain

 

 

著・藤井孝一『人生が変わる「朝時間」の使い方』成美文庫

 

 

めずらしくハウツー本を買ってみました。

 

題名を見ればわかる通り、朝早く起きようってやつです。

 

 

私も大学生なので、小中高とは違い厳しい時間に縛られる生活ということはあまりありません。

 

もっとも小中は義務教育だし、起こしてくれる家族がいました。高校も学生寮に入っていたので起床時間が定められていました。

 

大学生になってからは一人暮らし。いい意味でも悪い意味でも「自由」と「自己責任」という言葉が付きまとってきます。

 

私の場合、睡眠の規則性が破綻し、いままでもったいない2年間を過ごしてきました。

 

2年間のほとんどを睡眠に費やしてきました。

 

 

しかし、そんな自分ともおさらばです!!

 

読んでそんな気になりました。そんな気になっただけかもですが。。

 

 

一番印象に残ったことは起床時間をいつもより2時間はやくすると1年で1か月もの時間が浮くというものです。

 

よくよく考えれば24時間中の2時間は12分の1でなのでその理屈もわかるのですが、実際読むとこれすごいことだな。と思いました。

 

 

 

1年後に公務員試験を控えていることもあり、朝の時間の活用をしていきたいと思っています。

 

どうか1年後笑えるように「朝時間」の活用頑張りたいです。

 

 

めずらしくハウツー本読んでみました。

 

 

それではノシ