読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引きこもり系男子の日常

本と音楽と珈琲の日常をだらだらと。。

Lovers

 

こんにちは。

 

 

ただいま絶賛テスト期間中です。

 

残りあと半分というところでだいぶ疲れが来てます。眠い。。

 

あとちょっと頑張りましょう。

 

 

さて、本読んでいる時間がないので、たまには音楽の話を。

 

 

私のバイト先では常に店内にラジオがかかっています。

 

関西の方はよくご存じかと思いますが、大阪の「FM802」という放送局のラジオです。

 

そのFM802では月替わりで放送局一推しのナンバーがヘビーローテーションとして選曲されます。

 

そして選ばれた局はFM802の全番組の中で一回は放送されるようになっています。

(ほかの放送局もあるんですかね?)

バイト時間内だけでも4.5回聴くぐらいの頻度でその曲が流れます。

 

まあなんの話をしたいかということなんですが、

 

今年の4月のヘビーローテーションナンバーの曲がある意味すごく印象的だったのでその紹介をします。

 

f:id:heyheymochizuki2319:20160711154113j:plain

 

「Lovers/sumika」です。

 

f:id:heyheymochizuki2319:20160711154344j:plain

 

sumikaは神奈川県を中心に活動する四人組ロックバンドです。

 

この曲と出会うまでは全く知らなかったアーティストですね。

 

この曲の何に衝撃を受けたのか。

 

このLoversという曲の歌詞に注目していただきたいです。

 

 

口約束の結婚をした17歳の秋には

脇目振らせる事が怖かったんだ

でも今は違うらしい

たくさん比べて欲しい

そんで何百万の選択肢から

選んで欲しい

だってその方が

ずっとずっと 最後まで

寄り添い遂げられる

気がしているから

 

ねぇ浮気して ねぇ余所見して

ずっとずっと離れぬように

ねぇフラついて ねぇ揺らめいて

ずっとずっと離れぬように

最後の最後の最後には

お願いこっち向いて

こっち向いて笑って欲しいのです

 

ずっとずっと離れぬように   

               (歌詞より一部引用)

 

この曲を初めて聞いたときは正直「どんだけ自信過剰な曲だよ」と思いました。

 

どれだけ君がほかの男に目を移したとしても最後はおれのところへ来るだろう。くらいの解釈でした。

 

しかし、歌詞を調べてその全体を見てもう一回この曲を聴いたときに、

曲の中でいう主人公の「君とずっと生きていきたいという決意」が伝わってきて、心を揺さぶられました。

 

現代の恋愛、

草食系な恋愛といいますかけっして自分から行くのではない一歩引いた恋愛。

 

見る人によってはこれを「情けない」とか「かっこ悪い」というひともいるでしょう。

 

 

「ねぇ浮気して ねぇ揺らめいて」

 

好きな人にこんなこと言えますか。

 

私はそんな歌詞にすごくかっこいいなと思いました。

 

…こんなかっこいいこといってみたいもんです。

 

まぁ無理ですけど。情けない。

 

 

歌詞はもちろん、声も演奏も素晴らしいですよ。

 

最近のおすすめ

「Lovers/sumika」でした。

 

 

 

 

 

 

それではノシ